無料ブログはココログ

« 三菱キャンター | トップページ | いすゞ TY/フォワード(初代) »

2011年11月11日 (金)

小型トラック

日本のキャブオーバー小型トラックについて、とりとめもなく語ってみる。
いすゞエルフは、1959デビュー。1968年まで、約9年間も作られていたことになる。
対する三菱キャンターは、1963年デビュー。同じく1968年まで作られた。約5年と短い。
エルフが、1960年にマイナーチェンジし、丸目4灯になっていたのに、後発のキャンター
が丸目2灯でデビューしている。(1964年には早くもマイナーチェンジし丸目4灯化されているが)このためか、初代キャンターは目撃したことが無い。
トヨタトヨエースはだいぶ古く1954年デビュー。3輪トラック全盛の頃だ。さすがに初代トヨエースは目撃したことがない。2代目は1959年。エルフと同じ年だ。こちらは長く作られている。(-1971)。エルフより車格が低い気がする。エルフに対するのはダイナか。ダイナの方もだいぶ古い(1957-63)。日産キャブスター(初代:1968-76)。この名は中型バスの名。いつのまにかトラック/バンの名に転用された。キャブオール(初代:1957-66)こちらの方が古い。ドアは後ろヒンジだったと記憶している。プリンスクリッパー(1958-66)すごいデザインだった。ワイパーが背向式で、真ん中に拭き残しが出た。面白かったが、恐い印象があった。プリンスホーマー(1964-76)動物的な印象があった。マツダロンパー(1958-)クラフト(1965-)、E2000(1964-)タイタン(1971-)。ダイハツベスタ,V150。トヨタダイナの2代目にそっくりだが、やはり違う。

« 三菱キャンター | トップページ | いすゞ TY/フォワード(初代) »

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小型トラック:

« 三菱キャンター | トップページ | いすゞ TY/フォワード(初代) »